ローコスト住宅を建てたい人のためのハウスメーカーなび【静岡編】

HOME » 静岡県で家づくりをする前に知っておきたいこと » 静岡市で注文住宅。過剰なこだわりを捨てればローコストで建築可能。

静岡市で注文住宅。過剰なこだわりを捨てればローコストで建築可能。

以前は家を建てるために最低でも数千万円の費用が掛かる事が一般的でしたが、最近はローコストで注文住宅を建てられる時代です。

ローコスト注文住宅の多くは、1000万円台での建設が可能です。

年収の少ない人でもフルオーダーで家を建てやすくなっています。

ローコストの注文住宅を建てるための工夫

住宅の材質に関する選択肢を絞る

建物の強度や防音などの観点から、鉄筋や鉄骨を選択肢の一つとして考える人は少なくありません。しかし、ローコストという側面から考えてみると、鉄筋などの頑丈な素材は、それだけ費用も高くかかってしまう事になります。

現在では、木造建築であっても十分に耐震強度のある住宅設計をしてもらう事が可能です。日本の気候から見ても木造建築は住まいにとって最も相応しい環境をつくれます。

低いコストで快適な暮らしを得られるのも木造ならではと言えるでしょう。

円高の場合には輸入住宅を検討する

輸入住宅も注文住宅の一つとして捉えられることが通常です。また、円高の時に資材を輸入すればそれだけ安い費用で建築に必要な物を揃える事ができます。昔に比べて円高になっている現代だからこそ、時期を見ながら賢い買い物をして資材費用を低価格に済ませる事ができるのです。

大手のハウスメーカーを選ぶ

大手ハウスメーカーがローコスト住宅を実現させられる理由は、大量に仕入れた資材等を建築主となる顧客に分散させているためです。小規模なメーカーに依頼してしまうと選択肢の幅も限られ、理想の家に近づけるために追加費用ばかりが増えていってしまうリスクもあります。

ローコストのまま家を完成させるためには、信頼できる大手メーカーを選択するのも一つの方法となります。

こだわりを最小限に抑える

注文住宅の醍醐味と言えば、なんと言っても自分たち家族の思うままに住居を設計する事ができる点にあります。しかし、ローコストの注文住宅を目指すのであれば、あれもこれもとアイディアを詰め込むのは得策ではありません。

あまり設計の段階でこだわり過ぎてしまうと、実際の建築に関わる費用が増えてしまう恐れが高まってしまいます。

注文住宅だからと言って他とは違う特徴を付ける事は最優先には考えず、どれだけ暮らしやすいスペースになるかという事を念頭に置いた方が、コストの面でも住みやすさの面でもメリットが大きくなるのです。

小さな土地面積を最大限に活用する

一般的な二階建てや平屋建てにこだわらずとも、注文住宅であれば三階建てなどを選択する事が可能となります。縦に長い住居設計の家は、購入する土地の面積が小さい範囲に限られていても問題ありません。

たとえば、駐車場を設置したい場合、余分な土地を購入せずに一階部分をガレージにして、二階と三階を住居スペースとする事もできます。

縦に長い構造を持っていれば同じ土地面積でも利用できる面積が増えるので、土地の購入代金も少し減らす事ができます。静岡市の土地価格は全国の市町村と比べても高い位置にあるため、土地代金で費用がかさむと住宅本体にかけられる費用の金額に影響を及ぼしかねません。

購入する土地の広さを重視し、ローコストに抑えた注文住宅の建築を目指すと良いでしょう。