ローコスト住宅を建てたい人のためのハウスメーカーなび【静岡編】

HOME » 静岡県で家づくりをする前に知っておきたいこと » さまざまな助成金を活用しよう

さまざまな助成金を活用しよう

家を建てるときに活用できる静岡県の住宅補助金や助成金についてまとめました。

静岡県からの住宅補助金・助成金で賢い家づくり

家を建てたいと思っても、一番のネックとなる部分がお金の問題ですよね。

優良なローコスト住宅をプランニングしてくれる会社を選ぶことだけでなく、さらに賢く予算を浮かせる方法があります。

それが、静岡県からの助成金です。実際に行われている、県からの住宅補助金制度について、ご紹介したいと思います。

さまざまな助成金

■ 住んでよし しずおか木の家推進事業

静岡県内に木造住宅を建てる場合、使用する木材の50%以上に「しずおか優良木材」を使用することなどが条件となる、助成金制度です。

1棟あたり、しずおか優良木材の使用量によって、最大30万円まで助成を受けることができます。

  • 2〜10立法メートル未満/6万円
  • 10〜15立法メートル未満/13万円
  • 15〜20立方メートル未満/21万円
  • 20立方メートル以上/30万円

この助成金を受けるには、住宅の設計者or施工者が、しずおか木の家推進事業者であることも条件です。

こうした面も、ハウスメーカー選びの条件に加えてみてはいかがですか?

■ 住宅用太陽光発電補助金

静岡県内の住宅用建物に、国の補助金対象となる太陽光発電設備を付ける場合の補助金制度です。

平成25年度の場合、1kWあたり1.5万円、最大4kW6万円までの補助を受けられます。

市町ごとの補助金もあわせてチェック

上記どちらの事業も、各市町などによる住宅補助金制度との併用もできます。

ここでは、静岡県内の各市町による住宅補助金制度の概要を、いくつかピックアップしてご紹介します。

■ 静岡市 静岡ひのき・杉の家推進事業

ひのきorスギの柱や土台などを、新築なら30万円相当以内で提供してくれる。

■ 島田市 島田市木材需要促進事業

大井川流域産の木材を45%以上使用した新築の場合、50万円を上限に補助が出る。

島田市には、さらに太陽光発電システムの補助事業もあり。

■浜松市 天竜材の家/百年住居いる事業

浜松市内で生産・加工された木材を80%以上使用して家を建てた場合、最大30万円補助。

これはほんの一例です。あなたが家を建てたいと思っているエリアにも、住宅補助金制度があるかどうか、事前にチェックしてみて下さいね。